一声(読み)いっせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一声
いっせい

能の小段の名。 (1) の小段。「一セイ」と記す。五七五・七五の2句から成り,拍子に合わない,上音を主体とした旋律。シテ登場直後や,舞の直前などに多い。 (2) 登場の囃子。化身,霊,精,物狂いなどの登場に用いられる。大鼓小鼓で奏し,笛がアシライを吹く。謡の「一セイ」との関係は密接であるが,必ずしも結びついているわけではない。長唄,歌舞伎にもこの囃子の変形したものが多用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっ‐せい【一声】

大きい一つの声や音。ひとこえ。
「汽笛―新橋を」〈大和田建樹鉄道唱歌
の構成部分の一。シテの登場、舞のかかりなどに謡う定型的な短い謡。
能の囃子事(はやしごと)の一。シテの登場などに際して、大鼓・小鼓に笛を吹き添えるもの。
狂言囃子事の一。能がかりの登場に用いる。
歌舞伎囃子の一。能と同じく、大鼓・小鼓・能管による。大海・深山の幕開き、道具替わり、舞踊の主役の登場などに用いる。

ひと‐こえ〔‐こゑ〕【一声】

一度出す声や鳴き声。「鶴の一声
短い言葉を発すること。ちょっと言うこと。「隣に一声かけて出掛ける」「大臣の一声で決まる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ひとこえ【一声】

山形の日本酒。大吟醸古酒「飛」「翔」、吟醸酒「旬」、本醸造酒「からくち」などがある。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米は山田錦、美山錦など。仕込み水は月山の伏流水。蔵元の「設楽酒造店」は明治29年(1896)創業。所在地は西村山郡西川町大字睦合丙。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

一声(いっせい)

山形県、株式会社設楽酒造店の製造する日本酒。平成21、22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いっせい【一声】

能,狂言,歌舞伎音楽の用語。一セイとも書く。(1)能の囃子事(はやしごと)。化身,霊,精などの登場に広く用いられ,笛,小鼓,大鼓で奏演する。大鼓,小鼓は細かな変化のあるリズムを奏するが,笛は鼓のリズムに合わせず所定の部分を自由に奏する。用途が広く,登場する役柄により奏演の速度やテンポにも差があり,位取りにも幅がある。(2)能の謡事(うたいごと)。高音域を主とした七五調の短い楽曲。リズムは地拍子(じびようし)の法則に合わない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いっせい【一声】

ひとこえ。
一度だけ音を出すこと。 「汽笛-」
能の謡うたいの構成部分の一。シテもしくはワキが登場するとき、あるいは舞の直後に謡う七五調の謡。その場所の景色や自己の心情などを表現する。
能の囃子はやしの曲種の一。演者が舞台に登場する際に奏されるややリズミカルな囃子。笛・小鼓・大鼓で奏す。
能の様式を模した狂言で奏される登場楽。

ひとこえ【一声】

一回声に出すこと。また、その声。また、一回の鳴き声。 「『あっ』と-叫んだ」 「 -高く鳴く」
一言ひとこと口に出して言うこと。 「困ったことがあったら-かけて下さい」
何か事を決定するような一言。 「社長の-で決まる」 「もう-(=値段ノ交渉ナドデ値段ヲ一段階下ゲルコトヲ促ス声)」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の一声の言及

【出入事】より

… 出端事は種類が多いが,おもに大鼓(おおつづみ)・小鼓(こつづみ)で奏される大小物と,太鼓が加わる太鼓物,その他のものの三つに大きく分けられる。大小物には,老人を除く男女,貴賤,僧俗などさまざまな役に用いる最も使用例の多い〈次第(しだい)〉,《嵐山》《賀茂》《高砂》など脇能のワキ・ワキヅレがさっそうと登場する〈真ノ次第〉,おもに化身,幽霊,精などの役に用いる〈一声(いつせい)〉(〈次第〉と同様に使用例が多い),老人など脇能の前ジテ・ツレが荘重に登場する〈真ノ一声〉,《砧(きぬた)》《熊野(ゆや)》などでいつのまにかシテが登場していたという趣の〈アシライ出〉などがある。 太鼓物には,《海人(あま)》《殺生石》《野守(のもり)》など,神仏,鬼畜,精などの非人間的な役の登場に用いる〈出端〉,《鞍馬天狗》のように天狗や異相の神などが豪壮に登場する〈大(おお)ベシ〉,《猩々》《西王母》など天仙が風流的に登場する〈下リ端(さがりは)〉,《邯鄲》《鶴亀》など唐人の帝王の登場や着座に用いる〈真ノ来序〉などがある。…

※「一声」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一声の関連情報