一言(読み)いちごん

精選版 日本国語大辞典「一言」の解説

いち‐ごん【一言】

〘名〙 (「ごん」は「言」の呉音)
① (━する) ひとこと。短いことば。また、それを言うこと。いちげん。一語。
※顕戒論(820)上「和上慈悲、一心三観、伝於一言
※太平記(14C後)六「一言(いちゴン)をも出さず、只、涙に咽(むせ)んで」 〔春秋左伝‐昭公三年〕
② 転じて、ひとことで示された言葉。
日蓮遺文‐立正観鈔(1274)「此両種真如、只一言妙法有」 〔韋応物‐酬閻員外陟詩〕

ひと‐こと【一言】

〘名〙
① 一つのことば。一語。いちごん。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※唱歌・蛍の光(1881)「ちよろづの、こころのはしを、ひとことに、さきくとばかり、うたふなり」
② わずかのことば。短いことば。ちょっと言うこと。いちごん。
※古事記(712)下「吾は悪事(まがこと)も一言(ひとこと)、善事(よごと)も一事、言離の神、葛城の一言主(ひとことぬしの)大神ぞ」

いち‐げん【一言】

〘名〙 (「げん」は「言」の漢音) =いちごん(一言)
※申楽談儀(1430)勧進の舞台、翁の事「南阿彌陀仏一げんによりて、清次出仕し、せられしより」
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉三六「念の為めに一言(イチゲン)せんに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一言」の解説

ひと‐こと【一言】

一つの言葉。一語。「一言のあいさつもない」
ちょっとした言葉。短い言葉。「とても一言では言い尽くせない」

いち‐ごん【一言】

一つの言葉。ひとこと。また、短い言葉。いちげん。「一言のもとに否定する」「一言付け加える」

いち‐げん【一言】

いちごん(一言)」に同じ。「一言をもって評すれば」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android