雁の便り(読み)かりのたより

  • =玉章(たまずさ)・玉札(ぎょくさつ)
  • ×雁の便り
  • かり
  • の=便(たよ)り

精選版 日本国語大辞典の解説

手紙。消息。→雁の使い。《季・秋》
※六条修理大夫集(1123頃)「大空にあらはれてかきつらねさせたまへる鴈の玉章をひらくにつけても袂のせばきうき身さへ数そふ身のありさまを」
※談義本・根無草(1763‐69)後「流石昔のあづさ弓、引かたの女中なんどは、鴈(カリ)の便(タヨリ)を求ては、玉の緒の絶なんとかこち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる