コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁の使ひ カリノツカイ

デジタル大辞泉の解説

かり‐の‐つかい〔‐つかひ〕【×雁の使ひ】

《「漢書」蘇武伝の、匈奴(きょうど)に捕らえられた前漢蘇武が、手紙をの足に結びつけて放ったという故事から》便り。手紙。かりのたまずさ。かりのたより。かりのふみ。雁書。雁信。雁使(がんし)。
「春草を馬咋山(くひやま)ゆ越え来なる―は宿り過ぐなり」〈・一七〇八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かりのつかい【雁の使ひ】

〔「漢書蘇武伝」より。匈奴きようどの虜囚となった蘇武が雁の脚に手紙をつけて漢帝に便りした故事から〕
手紙を運ぶ人。また、手紙のこと。雁使がんし。雁書。雁の便り。雁の文。雁の玉章たまずさ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone