雁の使ひ(読み)カリノツカイ

デジタル大辞泉の解説

かり‐の‐つかい〔‐つかひ〕【×雁の使ひ】

《「漢書蘇武伝の、匈奴(きょうど)に捕らえられた前漢蘇武が、手紙をの足に結びつけて放ったという故事から》便り。手紙。かりのたまずさ。かりのたより。かりのふみ。雁書。雁信。雁使(がんし)。
「春草を馬咋山(くひやま)ゆ越え来なる―は宿り過ぐなり」〈・一七〇八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かりのつかい【雁の使ひ】

〔「漢書蘇武伝」より。匈奴きようどの虜囚となった蘇武が雁の脚に手紙をつけて漢帝に便りした故事から〕
手紙を運ぶ人。また、手紙のこと。雁使がんし。雁書。雁の便り。雁の文。雁の玉章たまずさ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android