コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集成館事業 シュウセイカンジギョウ

デジタル大辞泉の解説

しゅうせいかん‐じぎょう〔シフセイクワンジゲフ〕【集成館事業】

薩摩藩主、島津斉彬(しまづなりあきら)が推進した洋式産業の総称。日本初の西洋式機械工場群の建設により、製鉄や造船などの事業が展開された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

集成館事業の関連キーワード中原猶介(なかはらなおすけ)島津斉彬(1809~58)宇宿彦右衛門尚古集成館薩摩切子島津斉彬薩摩藩

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集成館事業の関連情報