コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集斑岩 しゅうはんがん cumulophyre

1件 の用語解説(集斑岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

集斑岩

キュームロポーフィリティック(cumuloporphyritic)な構造をもつ斑状の岩石[Iddings : 1909].この岩石の組織は広い意味では集斑状(glomeroporphyritic)と同じで,斑状岩中の斑晶が多数密集して,それより細かい結晶中に存在する組織をいう.密集している結晶は必ずしも同一鉱物種とは限らない

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

集斑岩の関連キーワードエヴァポポーフィロクリスティックネオポーフィロクリスティックポーフィロクリスティックゼノポーフィリテイックマクロポーフィリテイックメガフィリックメガポーフィリテイックユウポーフィリック,ユウポーフィリテイックマイクロポイキリティック組織ハリスティック・キュームレイト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone