コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集斑岩 しゅうはんがんcumulophyre

岩石学辞典の解説

集斑岩

キュームロポーフィリティック(cumuloporphyritic)な構造をもつ斑状の岩石[Iddings : 1909].この岩石の組織は広い意味では集斑状(glomeroporphyritic)と同じで,斑状岩中の斑晶が多数密集して,それより細かい結晶中に存在する組織をいう.密集している結晶は必ずしも同一鉱物種とは限らない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android