コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集美学村 しゅうびがくそん

世界の観光地名がわかる事典の解説

しゅうびがくそん【集美学村】

中国の福建省南部、厦門(アモイ、シャーメン)市の北西部にある学園地区。ここは、シンガポールでゴム園を経営して財を成し「ゴム王」と呼ばれた華僑・陳嘉庚(ちんかこう)(1874~1961年)の生まれ故郷で、陳嘉庚はここに南洋華僑中学や廈門大学など数多くの学校を創設した。ここには、中国南部の伝統的な建築物が建ち、海岸沿いの美しい光景と相まって美しい景観をつくり出している。学園地区の中には、福建省南部出身の華僑が建てた楼閣が数多く残っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android