コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集落営農組織

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

集落営農組織

集落単位で農家各自農地を持ち寄り、共同農機具を所有したり、農作業を行ったりする組織。任意の組織のほか、各農家の利益増進が目的の「農事組合法人」、完全に営利目的の「株式会社」などの形態がある。県は法人化を推奨するが、会計知識を持つ人材育成などの課題もある。

(2007-06-17 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうらくえいのう‐そしき〔シフラクエイノウ‐〕【集落営農組織】

集落など一定地域内で、農家が農業生産工程の全部または一部を共同して行う組織。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

集落営農組織の関連キーワード品目横断的経営安定対策農地中間管理機構レモングラス担い手育成策集落型経営体農業生産組織新農業制度集落営農集落

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集落営農組織の関連情報