コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集落営農組織

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

集落営農組織

集落単位で農家各自農地を持ち寄り、共同農機具を所有したり、農作業を行ったりする組織。任意の組織のほか、各農家の利益増進が目的の「農事組合法人」、完全に営利目的の「株式会社」などの形態がある。県は法人化を推奨するが、会計知識を持つ人材育成などの課題もある。

(2007-06-17 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうらくえいのう‐そしき〔シフラクエイノウ‐〕【集落営農組織】

集落など一定地域内で、農家が農業生産工程の全部または一部を共同して行う組織。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集落営農組織の関連情報