コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑誌人権ボックス ざっしじんけんぼっくす

1件 の用語解説(雑誌人権ボックスの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

雑誌人権ボックス

雑誌記事への人権問題に関する苦情の取り次ぎ窓口。個人情報保護法など国のメディア規制の動きへの対応策として日本雑誌協会が2002年に設置した。協会加盟社(06年7月末現在94社)が発行する雑誌の記事について、(1)公人、私人を問わず、当事者または直接利害関係者からの苦情、異議申し立てを、専用FAXと郵便箱で受け付け、(2)苦情の要件を満たすと判断されたものについては発行元に送付、(3)発行元は2週間以内に申立人へ回答、(4)併せて発行元はその対応内容を同協会に報告、というシステム。申し立てへの回答は発行元各社に委ねられ、自主解決機関ではない。

(村上信明 出版流通ライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑誌人権ボックスの関連キーワード事実問題日本雑誌協会輸入組合OTO国際人権法行政管理庁署名運動種取り食料問題

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone