苦情(読み)クジョウ

デジタル大辞泉の解説

く‐じょう〔‐ジヤウ〕【苦情】

他から害や不利益などをこうむっていることに対する不平・不満。また、それを表した言葉。「苦情を言う」「苦情が殺到する」
苦しい事情。
「或は関東の―を演(の)べ」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くじょう【苦情】

被害を受けたり、不公平な扱いをされたり、迷惑を受けたりしたことに対する、不満・不快な気持ち。また、それを述べた言葉。 「 -をもちこまれる」 「 -を申し述べる」 「 -を言う」
苦しい事情。 「或は関東の-を演べ/近世紀聞 採菊

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐じょう ‥ジャウ【苦情】

〘名〙
① 処置に困るような苦しい事情。
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「或は関東の苦情(クジャウ)を演(の)べ或は虚喝の詐謀を設け」
② 他から迷惑、害悪を受けていることに対する不平不満を表わしたことば。
※和蘭字彙(1855‐58)「albedil. 苦情ヲ言フ人」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉七「君の配達区域から大分苦情のはがきが来るぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の苦情の言及

【苦情処理】より

…就業規則や労働協約の解釈・適用としてなされることが多い。日常頻繁におこる個人的苦情について,いちいち団体交渉や裁判所において解決することは必ずしも適切ではないので,迅速かつ柔軟な苦情処理のために特別の機関が設置されているケースが多い。その構成は,労使双方の委員から成る委員会方式が一般的であるが,使用者決定型や第三者裁定型もある。…

※「苦情」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

苦情の関連情報