窓口(読み)まどぐち

精選版 日本国語大辞典「窓口」の解説

まど‐ぐち【窓口】

〘名〙
① 窓になっているところ。
※俳諧・望一千句(1649)九「立ながらあかしとみるや雪の松 ひらけばさむし軒の窓口」
② 窓を通して、応接または金の出し入れなどの事務をする所。転じて、外部と折衝する役。
※金(1926)〈宮嶋資夫〉三「夜中にあすこの窓口(マドグチ)へ行って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「窓口」の解説

まど‐ぐち【窓口】

官庁・郵便局・銀行・駅などで、外来者に応対し、金銭や書類の受け渡しなどの事務を執る所。
外部との折衝をする役。「文化交流の窓口

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android