当事者(読み)とうじしゃ

百科事典マイペディア「当事者」の解説

当事者【とうじしゃ】

法律上,一般的にはある法律関係についての直接関係をいうが,訴訟法上は訴訟手続で相対立する関係にある者をいう。刑事訴訟では検察官と被告人,民事訴訟では場合により異なるが,たとえば判決手続の第一審では原告被告
→関連項目当事者照会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「当事者」の解説

とうじ‐しゃ タウジ‥【当事者】

〘名〙 直接その事、また、事件に関係する者。
※民事訴訟法(明治二三年)(1890)一八八条「口頭弁論の期日に於て当事者双方出頭せさるときは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android