当事者(読み)トウジシャ

百科事典マイペディアの解説

当事者【とうじしゃ】

法律上,一般的にはある法律関係についての直接関係者をいうが,訴訟法上は訴訟手続で相対立する関係にある者をいう。刑事訴訟では検察官と被告人,民事訴訟では場合により異なるが,たとえば判決手続の第一審では原告被告
→関連項目当事者照会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とうじ‐しゃ タウジ‥【当事者】

〘名〙 直接その事、また、事件に関係する者。
※民事訴訟法(明治二三年)(1890)一八八条「口頭弁論の期日に於て当事者双方出頭せさるときは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当事者の関連情報