コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離散化 りさんか

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

離散化

音などの連続した信号を時間や振幅で区切ること。時間方向で区切ることを標本化サンプリング)、振幅方向で区切ることを量子化という。信号は、標本化と量子化を行って数値に変換される。数値化されることで、コンピューターによる各種の処理が可能になる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りさん‐か〔‐クワ〕【離散化】

discretization》連続的な物理量や信号を、一定の量や間隔で区切った非連続的な値で表すこと。アナログ信号をデジタル信号に変換することや、構造計算で構造物を細かく格子状に区分けすることなどを指し、コンピューターによるデータの取り扱いや計算が容易になる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

離散化の関連キーワード高速フーリエ変換数値流体力学数値積分法近似値放射

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android