コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離散化 りさんか

2件 の用語解説(離散化の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

離散化

音などの連続した信号を時間や振幅で区切ること。時間方向で区切ることを標本化(サンプリング)、振幅方向で区切ることを量子化という。信号は、標本化と量子化を行って数値に変換される。数値化されることで、コンピューターによる各種の処理が可能になる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りさん‐か〔‐クワ〕【離散化】

discretization》連続的な物理量や信号を、一定の量や間隔で区切った非連続的な値で表すこと。アナログ信号をデジタル信号に変換することや、構造計算で構造物を細かく格子状に区分けすることなどを指し、コンピューターによるデータの取り扱いや計算が容易になる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

離散化の関連情報