難産色に懲りず(読み)ナンザンイロニコリズ

デジタル大辞泉「難産色に懲りず」の解説

難産なんざんいろりず

難産で苦しんだ女が、懲りもしないで、また色事を行うから》苦しんだことを忘れ、懲りずにまた同じ事を繰り返すことのたとえ。喉元過ぎれば熱さを忘れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「難産色に懲りず」の解説

なんざん【難産】 色(いろ)に懲(こ)りず

難産で苦しんだはずの女が、出産が終わると懲りもせず、また色欲にふけること。のど元過ぎれば熱さを忘れる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android