難産色に懲りず(読み)ナンザンイロニコリズ

デジタル大辞泉の解説

難産(なんざん)色(いろ)に懲(こ)りず

難産で苦しんだ女が、懲りもしないで、また色事を行うから》苦しんだことを忘れ、懲りずにまた同じ事を繰り返すことのたとえ。喉元過ぎれば熱さを忘れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なんざん【難産】 色(いろ)に懲(こ)りず

難産で苦しんだはずの女が、出産が終わると懲りもせず、また色欲にふけること。のど元過ぎれば熱さを忘れる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android