コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色事 イロゴト

デジタル大辞泉の解説

いろ‐ごと【色事】

男女間の恋愛や情事。「色事には縁遠い生活」
芝居で、男女間の情事のしぐさ。
情人。愛人。いろ。
「あの花紫は幡随長兵衛が―だとのこと」〈伎・吾嬬鑑〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いろごと【色事】

情事。恋愛。 「 -に耽ふける」
芝居で、情事の演技・演出。ぬれごと。
情人。恋人。 「亭主が-の所へ夜な〱通ふ事を思つて/滑稽本・浮世床 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

色事の関連キーワードドン・ファン(ドン・フワン)沢村宗十郎(3世)ティルソデモリーナ難産色に懲りずむっつり助兵衛ラブアフェア一指を染めるドンファン濡れ掛かる閻魔の色事おちんちん濡れ掛る好き歩く濡れ掛く濡れ事師痴話狂い隠れんぼ濡れ者剛の者引倒す

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android