色事(読み)いろごと

精選版 日本国語大辞典「色事」の解説

いろ‐ごと【色事】

〘名〙
① 男女が情を通わすこと。情事。ぬれごと。
浄瑠璃・最明寺殿百人上臈(1699)道行「色ごとの用心ならば気遣(づか)ひあるな」
② 色事の相手。情人愛人
歌舞伎・傾情吾嬬鑑(1788)序幕「花紫は幡随長兵衛が色事だとの事」
芝居での男女の情事のしぐさ。ぬれごと。またはその俳優。色事師
※役者論語(1776)あやめぐさ「ぶたいへ出て、色事をする時」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「色事」の解説

いろ‐ごと【色事】

男女間の恋愛や情事。「色事には縁遠い生活」
芝居で、男女間の情事のしぐさ。
情人。愛人。いろ。
「あの花紫は幡随長兵衛が—だとのこと」〈・吾嬬鑑〉
[類語]情事火遊び

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android