コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難産 ナンザン

4件 の用語解説(難産の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なん‐ざん【難産】

[名](スル)
出産で、胎児がなかなか生まれないこと。⇔安産
物事がたやすく成立しないこと。「難産の末に法案が成立した」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

難産

骨盤の広さに対して赤ちゃんが大きすぎる、陣痛が弱くお産がなかなか進まない、赤ちゃんの心拍が途中で弱くなった場合など、自然分娩(ぶんべん)で産むことが難しい状態。陣痛促進剤の点滴や、鉗子(かんし)や吸引器による吸引、緊急帝王切開などで対処する場合が多い。

(2013-08-07 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なんざん【難産】

( 名 ) スル
分娩に通常以上の困難が伴うこと。 ↔ 安産
物事が困難などにあい予想以上に長引いて成立すること。 「 -の末、法案が国会を通過した」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

難産
なんざん

出産の異常で、一般には安産の対語として使われており、かりに安産を自然分娩(ぶんべん)あるいは正常分娩とするならば、難産は人工分娩あるいは異常分娩に相当するわけである。つまり、分娩の進行が障害されてなんらかの人工的な処置を必要とするような場合をすべて難産とすれば、その原因は主として産道、娩出力、胎児に関連した広範囲の異常である。これらは妊婦検診によって予知されるものが多く、出産前に処置されたり対策が講じられるし、分娩経過中に発見された場合でも、設備の整った産院や病院、経験豊富な産婦人科医が付き添う限り、心配はほとんどないといえる。したがって、一般にいわれるほど難産になる例は多くない。しかし、事前に処理または対策の準備ができないような条件ないし状況のもとでは、危険な異常もおこることがある。[新井正夫]

産道異常による難産

これには骨盤と軟産道の異常が含まれる。骨盤異常による難産の原因は児頭骨盤不均衡であり、骨盤計測で事前に予知される。代表的なものは狭骨盤で、普通の大きさの成熟児の分娩に機械的障害をおこすが、軽度の狭骨盤と正常骨盤との間に明確な区別があるわけではなく、あくまで相対的なものである。すなわち、児に対する通過障害であり、軽度のものは多少の困難はあっても自然分娩が可能であるが、中等度以上の狭骨盤に対しては産科手術、すなわち帝王切開の適応となる。
 軟産道異常による難産の原因としては、高年初産婦にしばしばみられる軟産道強靭(きょうじん)(軟産道が十分に開かない)があり、軟産道損傷(分娩時軟部損傷)をおこしやすい。もっとも多いのは会陰(えいん)裂傷と腟(ちつ)裂傷で、頸管(けいかん)裂傷や子宮破裂は比較的少ないが危険な損傷である。分娩の進行が著しく遅れる場合は帝王切開の適応となる。[新井正夫]

娩出力異常による難産

代表的なものが微弱陣痛である。すなわち、陣痛の発作時間が短くて弱く、間欠が長くて分娩が進行せず、出産が長引いて2、3日もかかることから母体が極度に疲労し、鉗子(かんし)分娩や吸引分娩を必要とすることもある。しかし、陣痛促進剤を用いて陣痛を増強させるなどの処置を講ずることにより自然分娩の可能な場合が多く、産婦に不安を与えないことが望まれる。[新井正夫]

胎児因子による難産

前述の児頭骨盤不均衡のほか、在胎43週以上経過した過熟児や、母体の糖尿病による巨大児をはじめ、多胎児、胎位異常(骨盤位など)、胎盤早期剥離(はくり)、前置胎盤などがあげられる。これらも妊婦検診時に胎児情報として予知されるので、それぞれ事前に処置したり準備が整えられる。このほか、出産時における合併症として新生児仮死や新生児分娩損傷などもある。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

難産の関連キーワード産道児頭骨盤不均衡赤ちゃん赤ちゃん言葉行過ぎる勝過ぎる焼過ぎる本ちゃん赤ちゃんが欲しい赤ちゃんの日

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

難産の関連情報