雨に沐い風に櫛る(読み)アメニカミアライカゼニクシケズル

デジタル大辞泉「雨に沐い風に櫛る」の解説

あめかみあらかぜくしけず

《「荘子天下の「じんうに沐い、疾風に櫛り、万国てたり」から》雨や風に身をさらすで、苦労することのたとえ。櫛風沐雨しっぷうもくう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「雨に沐い風に櫛る」の解説

あめ【雨】 に 沐(かみあら)い風(かぜ)に櫛(くしけず)

雨や風を身に浴びて苦労する。世の中のさまざまな苦労を体験することのたとえ。風にくしけずり雨にかみあらう。櫛風沐雨(しっぷうもくう)。〔荘子‐天下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android