コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦労 クロウ

デジタル大辞泉の解説

く‐ろう〔‐ラウ〕【苦労】

[名](スル)
精神的、肉体的に力を尽くし、苦しい思いをすること。「苦労が絶えない」「苦労を共にする」「苦労の種」「苦労して育てた子供」
(多く「ごくろう」の形で)人に世話をかけたり、厄介になったりすること。「ご苦労をかける」「ご苦労さま」→御苦労(ごくろう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろう【苦労】

( 名 ) スル
物事がうまくいくように、精神的・肉体的に励むこと。逆境にあって、つらいめにあいながら努力すること。また、あれこれと苦しい思いをすること。労苦。 「親に-をかける」 「 -しただけあって人情の機微に通じている」 「大島田に、埃ほこりがかかるを-にして/当世書生気質 逍遥」 → 御苦労労苦(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

苦労の関連キーワード若い時の苦労は買うてもせよ若い時の苦労は買ってもせよ我が物と思えば軽し笠の雪骨折り損の草臥れ儲け労多くして功少なし爪で拾って箕で零す野に伏し山に伏す風に櫛り雨に沐う雨に沐い風に櫛る楽して楽知らず苦楽を共にする骨身を惜しまず艱難汝を玉にす泣きを見せる金銀は湧き物立志伝中の人水泡に帰するオーバーケア当世書生気質労して功無し

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苦労の関連情報