苦労(読み)くろう

精選版 日本国語大辞典「苦労」の解説

く‐ろう ‥ラウ【苦労】

〘名〙 (形動)
① (━する) 仕事、生活、心配ごとなどのために肉体や精神を使って、疲れたり、しい思いをしたりすること。また、そのさま。心配やほねおり。労苦
※運歩色葉(1548)「苦労」
※足利本論語抄(16C)季氏第一六「苦労して天道を学び知る者は中賢の以下上賢の次ぞ」
② (多く「ごくろう」の形で) 人に、せわをかけること。やっかいになること。また、そのさま。せわ。
浄瑠璃・鳥羽恋塚物語(1681頃か)四「又ぞや参り御くらうに罷成申べし、もはやおいとま申さん」
[語誌]字順の異なる「労苦」は、「苦労」よりも古く平安時代前期の「田氏家集‐上」に既に見られるが、中世では、「苦労」の方が一般的であった。近世初期の仮名草子にも両者が使われているが、「労苦」が地の文に、「苦労」は会話文に使用されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「苦労」の解説

く‐ろう〔‐ラウ〕【苦労】

[名](スル)
精神的、肉体的に力を尽くし、苦しい思いをすること。「苦労が絶えない」「苦労を共にする」「苦労の種」「苦労して育てた子供」
(多く「ごくろう」の形で)人に世話をかけたり、厄介になったりすること。「ご苦労をかける」「ご苦労さま」→御苦労ごくろう
[類語](1骨折りろう労苦苦心腐心辛苦辛労心労煩労艱苦かんく艱難かんなん苦難辛酸ひと苦労手に負えない手が付けられない始末に負えない始末が悪い・どうにもならない・如何ともしがたい・度し難い(—する)難儀する骨折るてこずる労する心を砕く困る弱る参るきゅうするこうずる苦しむ困り果てる困りきる困りぬく困却する往生おうじょうする難渋なんじゅうする閉口する困惑する当惑する途方に暮れる手を焼く手に余る持て余す手が掛かる世話が焼ける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android