苦労(読み)クロウ

デジタル大辞泉の解説

く‐ろう〔‐ラウ〕【苦労】

[名](スル)
精神的、肉体的に力を尽くし、苦しい思いをすること。「苦労が絶えない」「苦労を共にする」「苦労の種」「苦労して育てた子供」
(多く「ごくろう」の形で)人に世話をかけたり、厄介になったりすること。「ご苦労をかける」「ご苦労さま」→御苦労(ごくろう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろう【苦労】

( 名 ) スル
物事がうまくいくように、精神的・肉体的に励むこと。逆境にあって、つらいめにあいながら努力すること。また、あれこれと苦しい思いをすること。労苦。 「親に-をかける」 「 -しただけあって人情の機微に通じている」 「大島田に、埃ほこりがかかるを-にして/当世書生気質 逍遥」 → 御苦労労苦(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苦労の関連情報