雨夜の星(読み)アマヨノホシ

大辞林 第三版の解説

あまよのほし【雨夜の星】

雨の降る夜の星。あっても見えないもの、きわめてまれなものにたとえる。 「こちと女夫めおとは-、どこにあるやらないやらで/浄瑠璃・卯月の潤色

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android