コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪踏み ユキフミ

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐ふみ【雪踏み】

道に積もった雪を踏みかためること。また、その作業。 冬》「―も神に仕ふる男かな/素十
1に用いる道具。わらで小さい俵のように編んだものを二つ作り、上から足を入れて歩きながら雪を踏みかためる。上部に握り縄をつける。踏み俵。
馬の毛色の名。4足のひざから下が白いもの。四白(よつじろ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆきふみ【雪踏み】

大雪のあと、雪を踏み固めて往来の道をつけること。また、その作業。 [季] 冬。
に用いる道具。わらで小形の俵状に編み、上端に握り綱を付けたもの。中に足を入れ、綱を握って持ち上げ、歩きながら雪を踏み固める。踏み俵。
四つ白 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の雪踏みの言及

【雪】より

…荷物を雪上で運搬するには橇(そり)が用いられたが,湿った雪の多い日本では人が乗って滑るスキーのような道具の発達はなかった。降雪の多い翌日には雪踏みによって集落内外の通路を確保する義務があり,住民は区間を割って当番を定め,雪俵または踏俵(ふみたわら)などを用いて通路を踏み開いた。また積雪が高くなると家屋内が冷え,壁などが破損するので,周囲に竹や板の雪垣,雪囲いを施して家屋に直接雪がふれぬくふうをし,井戸や離れた厠(かわや)にも雪覆いを設ける。…

※「雪踏み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雪踏みの関連キーワードわらぐつ(藁沓∥藁靴)かんじき(樏)四つ白踏み俵踏俵弥年

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪踏みの関連情報