毛色(読み)ケイロ

デジタル大辞泉の解説

け‐いろ【毛色】

人の頭髪、鳥や獣の毛などの色。
事物の種類や性質。「毛色の変わった人間」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいろ【毛色】

獣類の毛の色。羽毛の色。また、頭髪の色。
物事の種類。性質。 「 -の一風変わった人間」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

け‐いろ【毛色】

〘名〙
① 頭髪、羽、獣類などの毛の色。
※弁内侍(1278頃)宝治三年三月「あかとりの、いしとさかあるが毛色も美しきをたまはりて」
② 物事の性質や種類。現代では、「変わる」「違う」「異なる」などの語と結びついて、異質であることを表わす。
※歌舞伎・独道中五十三駅(1827)序幕「智行(ちぎゃう)さまも坊主ならおれも坊主だ。智行さまの頭ばかり円くて、おれか頭は三角か。何も坊主毛色(ケイロ)を分ける事はねえわえ」
※黴(1911)〈徳田秋声〉六「思想の毛色も以前より大分変ってゐた」
③ 鎧(よろい)の威毛(おどしげ)の色。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毛色の関連情報