雲の果たて(読み)クモノハタテ

デジタル大辞泉の解説

くも‐の‐はたて【雲の果たて】

《「くものはだて」とも》
雲の果て。空の果て。
「都をば天つ空とも聞かざりき何眺むらむ―を」〈新古今・羇旅〉
《「はたて」を「旗手」の意に解して》雲のたなびくさまを旗がなびくのに見立てていう語。
「吹く風に―はとどむともいかが頼まむ人の心は」〈拾遺・恋四〉
[補説]書名別項。→雲の涯(はたて)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くものはたて【雲の果たて】

雲のはて。 「夕暮は-に物ぞ思ふ/古今 恋四
〔「はたて」を旗手と解して〕 風になびいている旗のように見える雲。 「吹く風に-はとどむとも/拾遺 恋四

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android