旗手(読み)きしゅ

精選版 日本国語大辞典「旗手」の解説

き‐しゅ【旗手】

〘名〙
① 団体の行進などで、そのしるしとなる旗を持つ役目の人。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉この歓び「たくましいナッパ服の旗手(キシュ)の手に、高く掲げられた先頭の組合旗は」
② もと、陸軍の歩兵連隊、騎兵連隊で軍旗をささげ持つ役の者。ふつう、連隊付きの古参少尉がこれに当たった。〔軍制綱領(1875)〕
③ 物事や運動などの代表として先頭を行く人。
※文学と政治のあいだ(1947)〈杉浦明平〉「人間解放の神聖なる旗手たるべき芸術家文学者の中にも」

はた‐て【旗手】

〘名〙 長旗の風にひるがえる先端。はたあし。はたのあし。
※大観本謡曲・木曾(室町末)「山鳩翼をならべつつ、味方の旗手に飛びかけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「旗手」の解説

き‐しゅ【旗手】

軍隊・団体の行進などで、そのしるしとなる旗を持つ人。
思想・芸術などの運動で、その先頭に立って活躍する人。「革新運動の旗手

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android