雲棲袾宏(読み)うんせいしゅこう(英語表記)Yún qī zhū hóng

世界大百科事典 第2版の解説

うんせいしゅこう【雲棲袾宏 Yún qī zhū hóng】

1535‐1615
中国,明末の蓮池大師ともいう。憨山(かんざん),達観,藕益(ぐうえき)とあわせ,明代の四高僧とよぶ。杭州仁和(浙江省杭州市)の人。は沈,字は仏恵。陽明学が栄えて,仏教が不振なのをなげき,念仏を宗として再編につとめ,杭州の雲棲に住して,弟子教育と著述に専念した。宋以後の禅浄一致のを集める《禅関策進》はその成果の一つで,日本仏教に大きい影響を与えるが,他にも著書多く,集めて《雲棲法彙》という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android