コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲棲袾宏 うんせいしゅこうYún qī zhū hóng

世界大百科事典 第2版の解説

うんせいしゅこう【雲棲袾宏 Yún qī zhū hóng】

1535‐1615
中国,明末の僧。蓮池大師ともいう。憨山(かんざん),達観,藕益(ぐうえき)とあわせ,明代の四高僧とよぶ。杭州仁和(浙江省杭州市)の人。姓は沈,字は仏恵。陽明学が栄えて,仏教が不振なのをなげき,禅と念仏を宗として再編につとめ,杭州の雲棲に住して,弟子教育と著述に専念した。宋以後の禅浄一致の句を集める《禅関策進》はその成果の一つで,日本仏教に大きい影響を与えるが,他にも著書多く,集めて《雲棲法彙》という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

雲棲袾宏の関連キーワード紫柏真可袾宏袁黄