達観(読み)たっかん

精選版 日本国語大辞典「達観」の解説

たっ‐かん ‥クヮン【達観】

〘名〙
① 全体の情勢を広く見わたすこと。また、遠い将来の情勢まで見とおすこと。
※蛻巖先生答問書(1751‐64か)下「和漢古今の人物世界を達観する心がなくては、詩文にする事は何もなき也」 〔書経‐召誥〕
② 細部にとらわれないで、物事の真理を見とおすこと。また、物事にとらわれないで、喜怒哀楽を超越すること。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「頗る達観した様な面構をして居るのは一寸可笑い」
③ 真理を悟った人。悟りを開いた人。特に仏のこと。
※性霊集‐九(1079)勅答「達鑒応機、済物不倦」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「達観」の解説

たっ‐かん〔‐クワン〕【達観】

[名](スル)
広く大きな見通しをもっていること。遠い将来の情勢を見通すこと。「時勢を達観する」
目先のことや細かなことに迷わされず、真理・道理を悟ること。俗事を超越し、さとりの境地で物事にのぞむこと。「人生を達観する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android