コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

達観 タッカン

デジタル大辞泉の解説

たっ‐かん〔‐クワン〕【達観】

[名](スル)
広く大きな見通しをもっていること。遠い将来の情勢を見通すこと。「時勢を達観する」
目先のことや細かなことに迷わされず、真理・道理を悟ること。俗事を超越し、さとりの境地で物事にのぞむこと。「人生を達観する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たっかん【達観】

( 名 ) スル
細かい事にこだわらず、物事の本質を見通すこと。また、物事に超然として、悟りの心境に達すること。 「人生を-する」
広い視野で物事を見ること。全体を見渡すこと。 「若し-する時は世界は罪を持ちながらに美である/善の研究 幾多郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

達観の関連キーワードアンコール・ワットアンコール・トムクーネルト真臘風土記西鶴置土産ほくそ笑む一葉日記薄平広樹北村透谷紫柏真可げだつ講雲棲袾宏藕益智旭湯顕祖実智茶室人生真可俗事真臘

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

達観の関連情報