コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳田 やなぎだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳田
やなぎだ

石川県北部,能登町北西部の旧村域。能登半島北部,奥能登丘陵内陸部にある。 1889年村制施行。 1995年神野村の一部を編入。 2005年能都町,内浦町と合体し能登町となる。地称は中世以来続く村名より由来。東部を北流する町野川の流域で米作が行なわれるほか,シイタケ,クリ,ブルーベリーが栽培され,肉牛が飼育される。長年農業振興に取り組んできたが,過疎化が進んでいる。豊富な山林資源で用材,薪材,竹材,木炭などを産する。国の重要無形民俗文化財「奥能登のあえのこと」は田の神を招く農耕儀礼

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

やなぎた【柳田】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳田
やなぎだ

石川県北部、鳳至(ふげし)郡にあった旧村名(柳田村(むら))。2005年(平成17)鳳至郡能都(のと)町、珠洲(すず)郡内浦(うちうら)町と合併し、鳳珠(ほうす)郡能登町となり、その北部に位置する。能登(のと)半島北部の内陸村で、旧村域は丘陵地が広い。能登有料道路に接続する大規模農道が貫通する。町野(まちの)川の流域に水田が開け、江戸時代には合鹿椀(ごうろくわん)、久田(きゅうでん)紙を産した。広葉樹が多く製炭地であったが、現在は冬季の出稼ぎが多い。織物・繊維製品、電気機械などの工業、和牛飼育、シイタケ栽培が行われ、特産としてブルーベリーがある。当地の農耕儀礼「あえのこと」は国の重要無形民俗文化財で、ユネスコの無形文化遺産代表一覧表に記載される「奥能登のあえのこと」に含まれる。[矢ヶ崎孝雄]
『『柳田村史』(1975・柳田村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

柳田の関連キーワードL.S. シャフナザロヴァ柳田国男(やなぎだくにお)兵庫県神崎郡福崎町西田原八ケ岳泰雲書道美術館石川県鳳珠郡能登町兵庫県神崎郡福崎町埼玉県秩父市宮側町飯田市美術博物館富山県氷見市柳田後藤 総一郎三木茂(2)桃太郎の誕生老いさらぼう柳田格之進佐々木喜善早川孝太郎後藤総一郎喜舎場永珣遠野物語宮本常一

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柳田の関連情報