コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳田 やなぎだ

7件 の用語解説(柳田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳田
やなぎだ

石川県北部,能登町北西部の旧村域。能登半島北部,奥能登丘陵内陸部にある。 1889年村制施行。 1995年神野村の一部を編入。 2005年能都町,内浦町と合体し能登町となる。地称は中世以来続く村名より由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やなぎた【柳田】

姓氏の一。
[補説]「柳田」姓の人物
柳田国男(やなぎたくにお)

やなぎだ【柳田】

姓氏の一。
[補説]「柳田」姓の人物
柳田邦男(やなぎだくにお)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やなぎた【柳田】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳田
やなぎだ

石川県北部、鳳至(ふげし)郡にあった旧村名(柳田村(むら))。2005年(平成17)鳳至郡能都(のと)町、珠洲(すず)郡内浦(うちうら)町と合併し、鳳珠(ほうす)郡能登町となり、その北部に位置する。能登(のと)半島北部の内陸村で、旧村域は丘陵地が広い。能登有料道路に接続する大規模農道が貫通する。町野(まちの)川の流域に水田が開け、江戸時代には合鹿椀(ごうろくわん)、久田(きゅうでん)紙を産した。広葉樹が多く製炭地であったが、現在は冬季の出稼ぎが多い。織物・繊維製品、電気機械などの工業、和牛飼育、シイタケ栽培が行われ、特産としてブルーベリーがある。当地の農耕儀礼「あえのこと」は国の重要無形民俗文化財で、ユネスコの無形文化遺産代表一覧表に記載される「奥能登のあえのこと」に含まれる。[矢ヶ崎孝雄]
『『柳田村史』(1975・柳田村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳田の関連キーワード奥能登石川県鳳珠郡能登町宇出津石川県鳳珠郡能登町小木石川県鹿島郡石川県鳳珠郡能登町上石川県鳳珠郡能登町北河内石川県鳳珠郡能登町黒川石川県鹿島郡中能登町能登部上石川県鹿島郡中能登町能登部下石川県鳳珠郡能登町姫

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柳田の関連情報