コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲頂 ウンチョウ

デジタル大辞泉の解説

うん‐ちょう〔‐チヤウ〕【雲頂】

雲の最頂部。雲のいちばん高い所。⇔雲底

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うんちょう【雲頂】

雲のいちばん高いところ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雲頂の言及

【雲】より

…気象観測では雲量0~1を快晴,2~8を晴,9~10を曇といっている。(2)雲頂と雲底 雲の最頂部(雲頂)の高さを雲頂高度という。現在では人工衛星により測定されている。…

※「雲頂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

雲頂の関連キーワード円覚寺(神奈川県)かなとこ(鉄砧)雲ずきん(頭巾)雲ひょう(雹)衛星海洋学かなとこ雲衛星気象学季瓊真蘂益之宗箴雲渓支山人工降雨あかつき狩野正信伊藤令恭雲頂温度万里集九積乱雲慧琳尼鉄床雲気象台

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲頂の関連情報