雲底(読み)うんてい

パラグライダー用語辞典の解説

字そのまま、のこと。サーマルソアリングを楽しむパラグライダーにとって、雲はコンディションを読む為の大切な要素のひとつ。特に雲底の高さはその日、獲得できる高度の目安になる。また、雲底には広い範囲でしっかりしたリフトがあり、これを利用していろいろな楽しみ方もできる。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 雲の下。雲のおおっているところ。気象学では特に、雲の最下部。雲高を測定する場合の基準となる。
※御伽草子・秋の夜の長物語(南北朝)「空山の花をながめて雲底によれば、巫山(ふざん)の神女雲となり雨となりし夢の後の面影」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雲底の言及

【雲】より

…気象観測では雲量0~1を快晴,2~8を晴,9~10を曇といっている。(2)雲頂と雲底 雲の最頂部(雲頂)の高さを雲頂高度という。現在では人工衛星により測定されている。…

※「雲底」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android