コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲底 ウンテイ

デジタル大辞泉の解説

うん‐てい【雲底】

雲の最下部。雲の下面。⇔雲頂

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

パラグライダー用語辞典の解説

雲底

字そのまま、の底のこと。サーマルソアリングを楽しむパラグライダーにとって、雲はコンディションを読む為の大切な要素のひとつ。特に雲底の高さはその日、獲得できる高度の目安になる。また、雲底には広い範囲でしっかりしたリフトがあり、これを利用していろいろな楽しみ方もできる。

出典|パラグライダー用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

うんてい【雲底】

雲の下面。水蒸気が凝結して雲粒が生成しはじめる高さに相当する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の雲底の言及

【雲】より

…気象観測では雲量0~1を快晴,2~8を晴,9~10を曇といっている。(2)雲頂と雲底 雲の最頂部(雲頂)の高さを雲頂高度という。現在では人工衛星により測定されている。…

※「雲底」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲底の関連キーワード竜巻とダウンバースト乳房雲(ちぶさぐも)シーリングバルーンウエザーミニマムシーロメーター層雲(気象)計器着陸装置シーリングトルネード空(そら)ちぎれ雲寒冷前線気象観測温暖前線雪起こし酸性雨巻積雲下層雲ILS乱層雲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android