コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷烏賊 カミナリイカ

デジタル大辞泉の解説

かみなり‐いか【雷烏賊】

コウイカ科のイカ。外套(がいとう)長約40センチで、背面に楕円形の眼状紋が並ぶ。房総半島以南に産し、刺身や鮨種(すしだね)にする。紋甲烏賊(もんごういか)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かみなりいか【雷烏賊】

イカの一種。胴長約20センチメートル、胴幅10センチメートルほどの大形のコウイカ。成長した雄には暗灰褐色の多数の横じまと楕円形の斑紋がある。肉は厚く美味。房総以南の沿岸に分布。市場ではモンゴウイカと呼ばれる。コブシメ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雷烏賊 (カミナリイカ)

学名:Sepia lycidas
動物。コウイカ科のイカ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

雷烏賊の関連キーワードモンゴウイカコブシメ斑紋

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android