コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電力取引市場 でんりょくとりひきしじょうpower (trading) market

知恵蔵の解説

電力取引市場

電力の取引を行う市場。近年、電力市場自由化進展に伴って、急速に発展してきた。電力取引市場には、1日前に翌日の電力需給などの基本的な契約を定める1日前電力取引や、時々刻々と需給調整を行うリアルタイム市場(あるいはインバランス市場)など、電力そのものを取引するスポット市場のほかに、電力価格変動のリスクを担保するために1週間から数カ月先の電力取引を先渡しで行う金融市場もある。北欧のノルドプール、米国のCal‐PX(カリフォルニア電力取引所)などが代表例。日本では、電気事業分科会中間報告(2003年2月)に沿って、05年4月に卸電力取引を行う日本卸電力取引所が開設。

(飯田哲也 環境エネルギー政策研究所所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電力取引市場の関連情報