コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電力白書 でんりょくはくしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電力白書
でんりょくはくしょ

毎年資源エネルギー庁公益事業部の調査課が編集する『電気事業の現状』という報告書のこと。 1951年の電力再編成以来毎年発表され,日本電気協会から発売されている。電気事業の1年間の動きを総合的に分析し,電気事業の当面する諸問題とその対策を検討している。ほかに,電力需給,電力施設と電源開発計画,電気事故の現状,電気事業の経理状況と料金,営業・配電業務活動など,電気事業全般にわたって解説され,分析されているところから,電力白書と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android