コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対策 タイサク

世界大百科事典 第2版の解説

たいさく【対策】

中国の官吏登用試験(科挙)において,天子の策問に対する受験者の答えを対策と言った。中国の制度を範とした日本の律令制にも,秀才,明経,進士,明法の4科の国家試験が規定されているが,これらの試験を受けて問題に答えること,およびその答案を対策あるいは献策と称した。試験は式部省監督のもとに行われ,午前6時ごろに問題が出され,当日のうちに答案を作成して提出する定めであった。《経国集》には慶雲年間(704‐708)から延暦年間(782‐806)に至る,秀才科や進士科のものと見られる対策の実例が収録されているが,それらの問題は政治・道徳に関するものが多く,中には新羅との外交政策を問う時事問題も含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいさく【対策】

相手の出方、事件の様子などに応じて立てる処理の手段。 「 -を講ずる」 「 -をたてる」
〔策問に対こたえる意〕 律令制下の官吏登用試験。出題に漢文で答える試験、またその答案。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対策
たいさく

令制の官吏登用試験において、貢人(ぐにん)(国学からの推挙者)と挙人(こにん)(大学からの推挙者)が、出題された「策」に「対(こた)」えること。とくに秀才、進士(しんし)の二つの試験で出題される問題はそれぞれ方略策(ほうりゃくのさく)、時務策(じむのさく)と呼ばれた。平安時代に入って文章得業生試(もんじょうとくごうしょうし)が成立すると、対策は秀才試を受験することを意味するようになった。[古藤真平]
『桃裕行著『上代学制の研究』修訂版(1994・思文閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の対策の言及

【紀伝道】より

…また文章生の希望者が多いので,文章生候補者として,擬文章生20人が置かれた。そして学生は大学寮の寮試を受けて擬文章生となり,次に式部省の省試を受けて文章生となって,やがて種々の官職につき,一部は文章得業生から〈対策〉という作文の試験を経て,文筆の官職につく例で,多くの文人があらわれた。しかし紀伝道の最盛期は平安中期で,以後はしだいに形式化し,すぐれた作品も生まれないようになった。…

※「対策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

対策の関連情報