対策(読み)タイサク

世界大百科事典 第2版の解説

たいさく【対策】

中国の官吏登用試験(科挙)において,天子の策問に対する受験者の答えを対策と言った。中国の制度を範とした日本の律令制にも,秀才明経進士明法の4科の国家試験が規定されているが,これらの試験を受けて問題に答えること,およびその答案を対策あるいは献策と称した。試験は式部省監督のもとに行われ,午前6時ごろに問題が出され,当日のうちに答案を作成して提出する定めであった。《経国集》には慶雲年間(704‐708)から延暦年間(782‐806)に至る,秀才科や進士科のものと見られる対策の実例が収録されているが,それらの問題は政治・道徳に関するものが多く,中には新羅との外交政策を問う時事問題も含まれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいさく【対策】

相手の出方、事件の様子などに応じて立てる処理の手段。 「 -を講ずる」 「 -をたてる」
〔策問に対こたえる意〕 律令制下の官吏登用試験。出題に漢文で答える試験、またその答案。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対策
たいさく

令制の官吏登用試験において、貢人(ぐにん)(国学からの推挙者)と挙人(こにん)(大学からの推挙者)が、出題された「策」に「対(こた)」えること。とくに秀才、進士(しんし)の二つの試験で出題される問題はそれぞれ方略策(ほうりゃくのさく)、時務策(じむのさく)と呼ばれた。平安時代に入って文章得業生試(もんじょうとくごうしょうし)が成立すると、対策は秀才試を受験することを意味するようになった。[古藤真平]
『桃裕行著『上代学制の研究』修訂版(1994・思文閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐さく【対策】

〘名〙
① 令制での、官人登用試験の方法の一つ。問頭博士(主任試験官)が策問(試験問題)を出し、漢文の答案を書かせること。また、その答案。令に秀才・進士(しんじ)の候補者にそれぞれ方略策と時務策とを課する規定があり、文章得業生(もんじょうとくごうしょう)が置かれてからは、文章生から文章得業生になろうとするものと、文章得業生として一定の年数を経てその成績を認められたものとにこれが課せられるものとされた。
※経国集(827)序「賦十七首、詩九百十七首、序五十一首、対策三十八首、分為両帙、編成廿巻
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「同じくつくれるたいさくの、思ふまま答へたる、たいさくの文ども、おもしろく興有りて」 〔梁簡文帝‐安成蕃王墓誌銘〕
② 相手の態度や事件の状況に応じて、とる方法や手段。
※梁川星巖宛吉田松陰書簡‐安政五年(1858)五月一五日「小生之画計は別紙対策並愚論之通に御座候」

たい‐しゃく【対策】

〘名〙 =たいさく(対策)色葉字類抄(1177‐81)〕

とう‐そう タウサウ【対策】

〘名〙 「たいさく(対策)」の変化した語。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「家・かまどなくして便りなからん人、〈略〉しきじにも入り、とうさうし、及第し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の対策の言及

【紀伝道】より

…また文章生の希望者が多いので,文章生候補者として,擬文章生20人が置かれた。そして学生は大学寮の寮試を受けて擬文章生となり,次に式部省の省試を受けて文章生となって,やがて種々の官職につき,一部は文章得業生から〈対策〉という作文の試験を経て,文筆の官職につく例で,多くの文人があらわれた。しかし紀伝道の最盛期は平安中期で,以後はしだいに形式化し,すぐれた作品も生まれないようになった。…

※「対策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対策の関連情報