コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子交換方式 デンシコウカンホウシキ

デジタル大辞泉の解説

でんし‐こうかんほうしき〔‐カウクワンハウシキ〕【電子交換方式】

電話で、通話の接続交換を電子回路を使って自動的に行う方式。また、その装置

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の電子交換方式の言及

【電気通信】より

…上記のように急速に開発されたクロスバー交換機も,やがて次代を担う電子交換機に置きかえられることになった。電子交換方式とは,従来の交換機が電磁リレーや機械式スイッチを用いて構成されていたのに対して,これを電子回路を用いて構成した交換方式である。その研究開発の歴史は古く,1939年に電電公社の前身である逓信省工務局において松前重義の提唱で電子交換研究会として発足したのが世界最初であり,42年にはサイラトロンと呼ばれる電子管を用いた小実験機が試作されている。…

【電話交換】より

…そのためには交換制御の機能向上,万能性,可変性,融通性が不可欠である。その実現を目的として登場したのが電子交換方式である。 図8は電子交換機の構成概略図である。…

※「電子交換方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電子交換方式の関連キーワードステップバイステップ方式クロスバー交換機

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android