電髪(読み)でんぱつ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 電熱を使って、髪の毛を縮らせたり、巻きぐせをつけたりすること。また、その髪。パーマネントウエーブ。〔新語新問題早わかり(1940)〕
※自由学校(1950)〈獅子文六〉乱世「頭を見ても、電髪、内ロール、夜会巻等に、黒々と、結いあげているし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の電髪の言及

【パーマネント・ウェーブ】より

…40年には東京でパーマを業とする店が約850軒に及ぶ普及ぶりであった。日中戦争から太平洋戦争にかけては敵性語禁止のため〈電髪〉と呼ばれるようになり,追放・自粛運動が行われ,機械も多く供出された。当時アメリカではコールド・パーマネント・ウェーブcold permanent waveの時代に入っており,終戦とともに進駐軍家族によって紹介され,48年ころには国産の薬液が製品化されて,美容・理容業界に大きく広がっていった。…

※「電髪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android