乱世(読み)らんせい

精選版 日本国語大辞典「乱世」の解説

らん‐せい【乱世】

〘名〙 乱れた騒乱の世。政治的な統一がなく秩序が乱れいくさなどの絶えない世の中。らんせ。
愚管抄(1220)二「一向此御時、連々乱世」 〔孟子‐離婁・下〕

みだれ‐よ【乱世】

〘名〙 乱れた世。よく治まっていない世の中。らんせい

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「乱世」の解説

らん‐せい【乱世】

秩序が乱れて戦乱や騒動などの絶えない世の中。らんせ。「乱世を生き抜く」⇔治世
[類語]有事戦時非常時事変革命戦争非常いくさたたか戦役せんえきえきへい兵馬へいば兵戈へいか干戈かんか会戦合戦かっせん交戦戦火兵火戦乱兵乱戦雲戦塵せんじん戦禍せんか大戦戦闘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「乱世」の解説

【乱世】らんせい

乱れた世。〔公羊伝、哀十四年〕君子何爲(なんす)れぞ春秋を爲(つく)れるや。亂世を(をさ)め、(こ)れを正に反すは、春秋よりきは(な)し。

字通「乱」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android