コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獅子文六 ししぶんろく

7件 の用語解説(獅子文六の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

獅子文六
ししぶんろく

[生]1893.7.1. 横浜
[没]1969.12.13. 東京
小説家,劇作家,演出家。本名,岩田豊雄。 1913年慶應義塾大学予科中退。 22~25年フランスで演劇を学び,27~30年『近代劇全集』に C.ビルドラック,H.バタイユ,L.ピランデッロらの戯曲を翻訳,新劇協会に参加して演出家となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しし‐ぶんろく【獅子文六】

[1893~1969]小説家・劇作家・演出家。神奈川の生まれ。本名、岩田豊雄。岸田国士(きしだくにお)らと劇団文学座を創立。一方で、ユーモア小説で流行作家となった。文化勲章受章。小説「海軍」「自由学校」「娘と私」「大番」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

獅子文六【ししぶんろく】

小説家,劇作家。本名岩田豊雄。横浜生れ。慶大文科中退。1922年フランスに遊学して近代劇を研究し,劇団《文学座》の創立育成に努めた。また1934年の《金色青春譜》を初めとして大衆文学に入り,ユーモアと風刺に富んだ風俗小説を書き,《信子》《海軍》等や,第2次大戦後の代表作として《自由学校》《娘と私》等がある。
→関連項目淡島千景

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

獅子文六 しし-ぶんろく

1893-1969 昭和時代の小説家,劇作家。
明治26年7月1日生まれ。パリで演劇を研究。大正14年帰国し,近代劇の翻訳や演出を手がける。昭和12年岸田国士(くにお)らと劇団文学座を結成。かたわら「てんやわんや」「自由学校」などのユーモア小説や半自伝小説「娘と私」などを発表した。38年芸術院賞,44年文化勲章芸術院会員。昭和44年12月13日死去。76歳。神奈川県出身。慶大中退。本名は岩田豊雄。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ししぶんろく【獅子文六】

1893‐1969(明治26‐昭和44)
作家。横浜生れ。本名岩田豊雄。父は貿易商。1922年に渡仏し,パリ滞在中にJ.コポーらの近代演劇運動に触発されて演劇の道を志した。25年に妻マリーを伴って帰国し,新劇興隆に尽くした。かたわら33年に獅子文六の名で《新青年》に随筆を書き出し,34年に同誌に連載した長編小説《金色青春譜》の成功を契機として小説家となった。世相の観察にもとづく鋭い風刺,変則的家庭環境にある少年少女への同情,良識に裏打ちされた正義感,演劇で鍛えた軽妙な会話,偶然の利用を含めて計算し抜かれた人物の織りなす網目と事件の展開などが,彼のユーモアにみちた家庭小説の特徴をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ししぶんろく【獅子文六】

1893~1969) 小説家・劇作家。横浜生まれ。本名、岩田豊雄。劇作・演出に活躍する一方、ユーモアと風刺に富んだ新聞小説で親しまれた。著「海軍」「てんやわんや」「自由学校」「大番」「娘と私」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

獅子文六
ししぶんろく
(1893―1969)

小説家、劇作家。本名岩田豊雄(とよお)。明治26年7月1日横浜に生まれる。慶応義塾普通部を経て文科中退。1922年(大正11)フランスに遊学して演劇を学び、4年後帰国して岸田国士(くにお)らの新劇活動に加わり、近代劇の翻訳や演出を手がけ、『東は東』(1933)などの戯曲を書き演劇論も展開、37年、岸田国士、久保田万太郎らとともに劇団文学座を組織した。しかし、その間に演劇だけでは生計がたたないことを知って、「いわばアルバイトのつもりで、ユーモア小説を書くことを考えついた」(処女作のころ)という。獅子文六の筆名で『新青年』に書き始め、『金色(こんじき)青春譜』(1934)が好評を博し、ついで『悦ちゃん』(1936~37)や『達磨(だるま)町七番地』(1937)などの新聞小説で評判を得、『胡椒(こしょう)息子』(1937~38)や『信子(のぶこ)』(1938~40)を婦人雑誌に発表して成功した。第二次世界大戦中は『海軍』(1942)を『朝日新聞』に本名で連載して反響をよび、戦後は同紙に『自由学校』(1950)を発表し、風刺の効いた戦後風俗批判が話題となった。
 彼は西欧的な知性と洗練されたセンスを身につけ、時代の風俗を的確に描いた家庭小説や風俗小説は、エスプリとユーモアに富んだ文体で独自の境地を確立し、幅広い読者を得てつねにユーモア作家として第一人者の地位を確保した。その後、半自伝小説『娘と私』(1953~56)に作者として新分野を開き、好評を得た。63年(昭和38)芸術院会員。69年文化勲章受章。同年12月13日没。[都築久義]
『『獅子文六全集』16巻・別巻1(1968~70・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の獅子文六の言及

【自由学校】より

獅子文六の長編小説。1950年に《朝日新聞》に連載。…

【ペンネーム】より

…日本では,昭和初年に林不忘,牧逸馬,谷譲次の三つのペンネームで時代・現代小説を書き分けた長谷川海太郎が《一人三人全集》をのこした。また劇作家岩田豊雄は獅子文六の筆名で大衆小説を書き,太平洋戦争下に本名で書いた作品の戦争協力姿勢を問われてのちは,獅子の盛名に後半生をゆだねる生き方をした。近年には多様な文芸ジャンルをこなすかたちで1人2氏名の創作家がふえており,栗本薫(SF小説等)=中島梓(評論),中原弓彦(評論)=小林信彦(小説),赤瀬川原平(美術)=尾辻克彦(小説),阿佐田哲也(麻雀小説)=色川武大(他の小説)などが著名である。…

※「獅子文六」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

獅子文六の関連キーワード久保田万太郎岩田豊雄岩田貿易商神奈川県横浜市中区北仲通岩田きぬオーストンコッキング関西貿易商会横浜生糸売込問屋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

獅子文六の関連情報