霜を履みて堅氷至る(読み)シモヲフミテケンピョウイタル

デジタル大辞泉の解説

霜(しも)を履(ふ)みて堅氷(けんぴょう)至る

《「易経」坤卦から》霜が降る時期を過ぎれば、やがて氷が硬く張る季節が来る。災難の小さな兆候見逃がしていると、やがて必ず大きな災難に見舞われることのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android