霜割れ(読み)シモワレ

大辞林 第三版の解説

しもわれ【霜割れ】

( 名 ) スル
急激な寒さのために、樹木の幹が割れ裂けること。また、その割れ目。樹皮は寒気で収縮するが、内部は比較的暖かくて外部の収縮に伴わないために起こり、大きな音を発して縦に割れる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android