コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露清秘密協定 ロシンヒミツキョウテイ

デジタル大辞泉の解説

ろしん‐ひみつきょうてい〔‐ヒミツケフテイ〕【露清秘密協定】

ロシアととの間に結ばれた対日秘密協定。1896年、モスクワで清の李鴻章(りこうしょう)とロシア外相ロバノフによって調印された。日本が侵略した場合の相互武力援助を約し、ロシアは東清鉄道の敷設権などを得た。露清密約李‐ロバノフ条約

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろしんひみつきょうてい【露清秘密協定】

1896年モスクワにおいて、清の李鴻章りこうしようとロシア外相ロバノフ、蔵相ウィッテとの間で結ばれた秘密条約。日本の侵略に対する相互援助、東清鉄道の敷設権のロシアへの付与などを約した。露清密約。李-ロバノフ条約。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

露清秘密協定の関連キーワード李鴻章

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android