コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東清鉄道 トウシンテツドウ

デジタル大辞泉の解説

とうしん‐てつどう〔‐テツダウ〕【東清鉄道】

日清戦争後、ロシアが中国東北地方に建設した鉄道。シベリア鉄道に接続する満州里綏芬河(すいふんが)間の本線と、ハルビン・大連間の支線からなる。満州事変後、日本に移譲、のちソ連に移管。1952年ソ連から中国に返還され、現在は長春鉄路という。東支鉄道。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東清鉄道【とうしんてつどう】

ロシアが建設した中国,東北地区の東西・南北を結ぶ主要幹線。現在の中国長春鉄路満洲里ハルビン・綏芬河(ソイフェンホー)を結びシベリア鉄道に東西で連絡する本線と,ハルビン・長春・奉天・大連を結ぶ南北の支線からなる。
→関連項目ポーツマス条約

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうしんてつどう【東清鉄道】

ロシアが中国東北部に建設した鉄道。現在の中国長春鉄路。もと中東(中国東北)鉄道と称し,日本では東支鉄道,北満州鉄道と呼んだ。1896年の露清同盟密約により,ロシアは北満州を横断してシベリア鉄道とウラジオストクを結ぶ敷設権を獲得した。96年露清銀行・清国間の契約に基づき,97年ロシア政府の全額出資による中東鉄道会社が創立され,98年から着工した。98年にはハルビン~旅順間の南部線敷設権も獲得し,1901年全線開通,03年営業を開始した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうしんてつどう【東清鉄道】

中国東北地方の鉄道。現在の長春鉄路。日清戦争後、ロシアが建設。日本では東支鉄道と呼んだ。日露戦争後、長春以南の南部支線が日本に譲渡され、南満州鉄道株式会社が創設された。1935年(昭和10)全鉄道が満州国に売却された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東清鉄道
とうしんてつどう

東支鉄道」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の東清鉄道の言及

【シベリア鉄道】より

…工事はウラジオストクとウラル山脈の東側チェリャビンスクの両方からすすめられたが,経費は乏しく,冬季は酷寒であり,人跡未踏の地域も多く,工事は困難をきわめた。路線短縮,満州(中国東北)への進出企図などから,チタからまっすぐにウラジオストクまで満州を横断する,ロシア鉄道と同一軌幅(1.524m)の東清鉄道線を建設することを清国政府に承認させ,1903年これを完成した。04年に始まった日露戦争では大量の兵員,武器をヨーロッパ・ロシアから極東へ輸送する必要からシベリア鉄道の輸送力は増強され,未完成だったバイカル湖迂回線部分もこのとき開通し,ヨーロッパとアジアがはじめて連続した線路でつながれた。…

【満鉄】より

…日本の〈満州〉経略上のかなめとなった半官半民の国策会社。1905年のポーツマス条約により日本政府は長春~旅順間の東清鉄道およびその支線とそれに付属する権益,特権,財産ならびに撫順などの重要炭鉱の経営権を清国の承認を経てロシアから獲得した。この権利を運用するため06年勅令第142号〈南満州鉄道株式会社設立の件〉により児玉源太郎を委員長とする南満州鉄道株式会社設立委員会が設置され,このもとで06年11月に設立された。…

※「東清鉄道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東清鉄道の関連キーワード南満州鉄道株式会社清の時代(年表)東北(中国)黒竜江(省)ニコライ2世露清秘密協定北京条約日ロ関係日露戦争横川省三東北振興ウィッテ沖禎介哈爾賓浜綏線満州国浜洲線四平満鉄

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東清鉄道の関連情報