コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青土佐紙

デジタル大辞泉プラスの解説

青土佐紙

高知県で生産される「土佐和紙」のひとつ。近世初期から生産の始まった青色染めの紙で、色がやや薄いものを青土佐紙、やや濃いものを紺土佐紙として区別する場合もある。表具用紙、工芸紙などに用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

青土佐紙の関連キーワード紅葉傘・紅葉笠蛇の目傘紅葉傘高知県

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android