工芸紙(読み)こうげいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工芸紙
こうげいし

美術工芸品や民芸品などに利用される紙の総称。昭和期になって再興または新作されたものが多い。日本古来の手法 (手すき) によってつくられる。原料はコウゾミツマタ,ガンピなどのほか木材パルプ,古紙などを併用したものもある。丈夫で独特の風合をもつ。純靭繊維を利用したものを特に日本紙などと呼ぶ。島根県の出雲岩坂紙,鳥取県の因州鳥取,富山県の八尾紙,長野県の内山紙,福井県の越前和紙,徳島県の阿波和紙,高知県の土佐和紙などが有名である。あらかじめ植物染料顔料,化学染料を使って繊維を着色してすく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

工芸紙の関連情報