コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工芸紙 こうげいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工芸紙
こうげいし

美術工芸品や民芸品などに利用される紙の総称。昭和期になって再興または新作されたものが多い。日本古来の手法 (手すき) によってつくられる。原料はコウゾミツマタ,ガンピなどのほか木材パルプ,古紙などを併用したものもある。丈夫で独特の風合をもつ。純靭繊維を利用したものを特に日本紙などと呼ぶ。島根県の出雲岩坂紙,鳥取県の因州鳥取,富山県の八尾紙,長野県の内山紙,福井県の越前和紙,徳島県の阿波和紙,高知県の土佐和紙などが有名である。あらかじめ植物染料顔料,化学染料を使って繊維を着色してすく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

工芸紙の関連キーワード加賀二俣和紙津山箔合紙加賀雁皮紙青土佐紙八尾和紙桐生和紙伊勢和紙小原和紙因州和紙小川和紙美濃和紙若狭和紙黒谷和紙松崎和紙拝宮和紙土佐半紙水玉紙薄墨紙越前紙雲紙

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android