コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐和紙

デジタル大辞泉プラスの解説

土佐和紙

高知県土佐市、吾川郡、高岡郡、香美郡、長岡郡で生産される和紙。原料はコウゾミツマタなど。起源は定かではないが、平安時代の『延喜式』にすでに「土佐の紙」の記述が見られる。製造が盛んになったのは江戸期で、現在は製法が伝わっていない「土佐七色紙」の幕府への献上により土佐和紙の名が知られるようになった。ほかに「青土佐紙」など染紙が有名。表具紙、工芸紙奉書紙などに用いられる。1976年、国の伝統的工芸品に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本文化いろは事典の解説

土佐和紙

産地:高知 土佐七色紙(※1)、典具帖紙(※2)、謄写版原稿用紙(※3)、図引紙(※4)など古くから多様なバリエーションを展開しており、近代化や輸出によって 世界に知られるようになりました。雲芸紙、楮鳥の子、金和紙などが漉かれ、美術紙・民芸紙として注目されています。※1『土佐七色紙』・・・土佐特有の七色の紙の事で、原料はほとんど楮〔こうぞ〕ですが黄紙と紫紙には雁皮を使い、天然染料で染め上げられていました。※2『典具帖紙〔てんぐちょうし〕』…原料は楮。かげろうの羽に比較されるほど薄い(0.03mm)。木版画の版下や画家の透き写しなどに使われ、上等品はタイプライター用として輸出されていました。※3『謄写版原稿用紙〔とうしゃばんげんこうようし〕』…楮が原料で後に図引紙に発展しました。※4『図引紙〔ずひきがみ〕』…三椏〔みつまた〕が原料で製図用、扇面用紙や転写用紙として使われました。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

土佐和紙[紙工芸・和紙]
とさわし

四国地方、高知県の地域ブランド。
主に土佐市・吾川郡いの町などでつくられている。起源は奈良時代に遡るとみられ、平安時代の『延喜式』でも献上品として土佐和紙の名が確認できる。また、江戸時代には土佐七色紙として知られた。現在でも全国有数の手漉き和紙の産地として有名。1976(昭和51)年12月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

土佐和紙の関連キーワード高知県吾川郡いの町鹿敷高知県吾川郡いの町いの町紙の博物館高知県土佐市伊野[町]いの(町)高知(市)浜田幸雄四国地方吉井源太周桑和紙清帳箋仁淀川清光箋

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土佐和紙の関連情報