コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山幸宜 あおやま ゆきよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山幸宜 あおやま-ゆきよし

1855*-1930 幕末-昭和時代前期の大名,華族。
嘉永(かえい)7年11月20日生まれ。青山幸哉(ゆきしげ)の次男。文久3年美濃(みの)(岐阜県)八幡(はちまん)藩主青山家7代となる。明治17年子爵。日本印刷社長,岩倉鉄道学校理事などをつとめる。23年貴族院議員。昭和5年2月6日死去。77歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の青山幸宜の言及

【郡上藩】より

…美濃国郡上郡八幡に藩庁を置いた譜代中小藩。同郡と隣国越前の大野郡に所領をもつ。1600年(慶長5)の関ヶ原の戦で徳川方にくみした遠藤慶隆が故領2万7000石を安堵されたのがはじまり。3代常友の代に八幡町の整備拡充が進み,また幕府から,以前の城主格から城主として遇せられるようになった。4代常春治政下の77年(延宝5)に,年貢諸役軽減などをもとめる農民一揆が起こり,それに家中の分裂・抗争がからんで藩体制は動揺し,5代常久の代になっても藩政の混乱は続いた。…

※「青山幸宜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青山幸宜の関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎トルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android