コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青年の船 せいねんのふね

大辞林 第三版の解説

せいねんのふね【青年の船】

将来活躍が期待される二〇~二五歳の勤労青年が、船旅を行なって海外の情勢を見、国際的視野を広げ、各国との親善をはかるため行われている事業。1967年(昭和42)から内閣府が実施。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

青年の船の関連キーワード横山 祐吉にっぽん丸横山祐吉内閣府ふじ丸郵便局海外事業親善船旅情勢各国視野実施

青年の船の関連情報