親善(読み)しんぜん

精選版 日本国語大辞典「親善」の解説

しん‐ぜん【親善】

〘名〙 親しんで仲よくすること。
※洒落本・東都青楼八詠并略記(1775)「朝正三日、〈略〉各々至親善
※菊池君(1908)〈石川啄木〉二「親善を厚うするとか、相互の利害を議するとか」 〔後漢書‐范冉伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「親善」の解説

しん‐ぜん【親善】

互いを知り合って、仲よくすること。「親善を深める」「国際親善試合」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android