研修(読み)ケンシュウ

デジタル大辞泉「研修」の解説

けん‐しゅう〔‐シウ〕【研修】

[名](スル)職務上必要とされる知識や技能を高めるために、ある期間特別に勉強や実習をすること。また、そのために行われる講習。「入社後研修を受ける」「海外研修
入国管理法における外国人の在留資格の一。日本国内の企業等で、研修生として、社員研修や工場見学など実務を伴わない研修を受けることができる。→技能実習

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「研修」の解説

けん‐しゅう ‥シウ【研修】

〘名〙 学問や技芸などを、みがきおさめること。また、ある職域で、職業上必要な知識や技能を高めるため職員を一定期間教育することやそのための講習をいう。
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉五「更に東京に出て幼稚園の事を研修(ケンシウ)し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android