コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

研修 けんしゅう

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

研修

知識や技能などを修得することがもともとの意味だが、特に職務上必要な能力を修得する講習会などの場をさす。企業内研修では職場を離れて講習会形式で行う集合研修だけでなく、職場内で実施する教育、個人が自分で行う学習まで含むとされている。それぞれ、Off-JTOJT自己啓発とよび、この3つを研修の3形態という。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐しゅう〔‐シウ〕【研修】

[名](スル)職務上必要とされる知識や技能を高めるために、ある期間特別に勉強や実習をすること。また、そのために行われる講習。「入社後研修を受ける」「海外研修

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんしゅう【研修】

( 名 ) スル
学問・技能などをみがき修得すること。特に、職務に対する理解を深め、習熟するために学習すること。 「 -期間」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

研修の関連キーワード営業職員教育の生命保険大学課程専門研修医研修資金貸付事業医王の里オートキャンプ場外国人研修・技能実習制度階層別教育訓練(研修)営業職員教育の一般課程外国人技能実習制度ウッディ・パルわち新医師臨床研修制度医師の臨床研修制度ジュニアレジデントロールプレイング教員研修センター研修医マッチング医師臨床研修制度臨床研修必修化アイスブレイク臨床研修義務化医局と臨床研修新臨床研修制度

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

研修の関連情報