コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

研修 けんしゅう

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

研修

知識や技能などを修得することがもともとの意味だが、特に職務上必要な能力を修得する講習会などの場をさす。企業内研修では職場を離れて講習会形式で行う集合研修だけでなく、職場内で実施する教育、個人が自分で行う学習まで含むとされている。それぞれOff-JTOJT自己啓発とよび、この3つを研修の3形態という。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐しゅう〔‐シウ〕【研修】

[名](スル)職務上必要とされる知識や技能を高めるために、ある期間特別に勉強や実習をすること。また、そのために行われる講習。「入社後研修を受ける」「海外研修

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんしゅう【研修】

( 名 ) スル
学問・技能などをみがき修得すること。特に、職務に対する理解を深め、習熟するために学習すること。 「 -期間」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

研修の関連情報