青春の光と影

デジタル大辞泉プラスの解説

青春の光と影

カナダ出身のシンガー・ソングライター、ジョニ・ミッチェルの曲。アメリカのシンガー、ジュディ・コリンズが、1967年にリリースしたアルバム「ワイルドフラワーズ」の中で歌い、全米第8位のヒット。1968年公開のアメリカ映画「青春の光と影」のテーマ曲にも使用された。その後ジョニ・ミッチェル自身によるバージョンが彼女のセカンド・アルバム(1969年)に収録され、同アルバムは全米31位を記録。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第171位。原題《Both Sides Now》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android