静変成作用(読み)せいへんせいさよう(英語表記)static metamorphism

岩石学辞典の解説

静変成作用

荷重変成作用と同じ.高圧力下で熱と溶液の活動によって起こる広域変成作用.高圧力は積み重なった荷重によるもので,造山運動による変形や岩石の差動運動によるものではない[Judd : 1889].デイリーはこの変成作用をさらに静水変成作用(statohydral metamorphism)と静熱変成作用(statothermal metamorphism)に区分した[Daly : 1917].しかし静変成作用の語はほとんど用いられない.ダイアジェニズム(diagenism)[Grabau : 1904, 1920].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android