コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静変成作用 せいへんせいさようstatic metamorphism

岩石学辞典の解説

静変成作用

荷重変成作用と同じ.高圧力下で熱と溶液の活動によって起こる広域変成作用.高圧力は積み重なった荷重によるもので,造山運動による変形や岩石の差動運動によるものではない[Judd : 1889].デイリーはこの変成作用をさらに静水変成作用(statohydral metamorphism)と静熱変成作用(statothermal metamorphism)に区分した[Daly : 1917].しかし静変成作用の語はほとんど用いられない.ダイアジェニズム(diagenism)[Grabau : 1904, 1920].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

静変成作用の関連キーワードレリーフ変成作用動力静変成作用続成変成作用

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android