コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷重変成作用 かじゅうへんせいさようload metamorphism

岩石学辞典の解説

荷重変成作用

地下深部に埋没した結果,上部に積み重なる地層による垂直方向の圧力とそれに伴う温度上昇により高温で静圧が加わった変成作用で,広い範囲で行われるもの.荷重変成作用によるといわれる岩石は層理や片理に整合的な形状を示す性質がある.荷重変成作用によって水平的な変成堆積物に水平的な片理が形成されることは少ない[Milch : 1894, Daly : 1917].荷重変成作用は地下での広域変成作用の一種で大規模に起こる場合があるが,地球の構造運動とは直接関係はない.無方向性の静圧的であるために,粒状の白粒岩,榴輝岩,チャルノック岩などが形成される.変形変成作用(deformation metamorphism)[Sander : 1911].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

荷重変成作用の関連キーワード静的再結晶作用静熱変成作用静変成作用

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android